2009.8.30総選挙。 政権交代『民主党大勝利』

 平成21年(2009830日(日)、衆議院議員総選挙が行われました。麻生内閣(自民・公明連立)支持率がどんどん低下していく中、ついに麻生総理は7月21日「解散」を宣告し、818日告示、30日投開票になりました。そして、31日未明、歴史的『政権交代』が起きました。

 

 ただ、今回の選挙はいくつかの「異変」をかんじました。

 

 まず、テレビ(マスコミ)の選挙の扱いが極端に少なかったことです。

 前回の「小泉郵政民営化選挙」では自民党内の「民営化反対者」に対して送り込んだいわゆる「刺客」「落下傘候補」などと、マスコミが造語しての「小泉チルドレン」を追っかけて連日大騒ぎ?の「劇場型」レポートが続きました。

 

 本来なら前回も政権選択選挙でもあったのですが、国民は「郵政民営化」賛成か反対かだけの争点に絞られ、民主党やその他の野党の「選挙公約・マニュフェスト」や、当時の民主党「岡田代表」も影が薄くなりました。そして見事な、マスコミと小泉首相の連携プレー(?)が、与党3分の2を越す大勝利になりました。実際の得票数は、野党全部を合わせたら、与党に勝っていたのですが、小選挙区制の場合、そういう現象が起きるのです。

 

 今回もマスコミは自公政権を小泉政権からずっと支持していた(いろんなニュース番組で感じられた)ようですので、選挙が始まったらまたまた相当な「偏った?」報道を繰り返すだろうな、と思っていました。

 

 ところが

今回はほんの少ししか紹介されませんでした。

 

 たまたま自民党の麻生総理の応援演説を取材すると、

「80歳ぐらいの人は働くしか能がないから、もっと使ったがいい...」とか、水害被災地へ視察に行くと、安否が心配されている『行方不明者』を「早くご遺体が発見されるよう祈っている」、

また、若い人の集会では、「若いやつで金のないものは結婚なんてしたらいけない...」、

候補者の応援では、「64年前の終戦の時の焼け野が原に比べたら今はそんな不景気じゃない...」

(※私が、「100年に一度の大不況」と言っても、64年前の終戦後より悪いのか?と前にも書いた)などなどと、「失言」(本音?)「暴言」が続出するので、テレビでは放映すればするほど足を引っ張るからではないかと勘ぐっていました。

 

 そんな時、幸運にも?ふって湧いたのが、「酒井法子夫婦」と「押尾学」の「覚醒剤やMDMA」使用、所持事件。

「天下分け目」の大選挙の真っ最中に関わらず、どのチャンネルを見てもそれがほとんどトップニュースで、実際選挙中の各党の政策論争はかき消されてしまいました。

 

 それも押尾の方は人一人死んでいてそこから逃げたというのに、酒井のりピーの方が圧倒的な時間を占めていました。(ネットでは、裏に政財界の大物まで絡んでいるとのうわさでひっきりなしです。)結果、酒井のりPが「あっちむいて、ほい!」役になり、おかげでほとんど再起不可能になるほど「極悪人」にされたようです。(今まで、芸能人が覚醒剤や麻薬をやってもいつの間に裁判したのだろうかと言うぐらい早く復帰していましたが。)

 それは選挙当日まで続きました。

 

 それと、自民党はあまり日本人にはなじまない、相手の悪口を言う『ネガティーブキャンペーン』を繰り広げました。(演説内容、アニメや中傷ビラ)

私たちが子供のときは、相手の悪口を言うことは「天を仰いでつばを吐くようなもの。必ず自分に帰ってくる」としつけられていました。私は、これは絶対にイメージが悪くなる(逆効果)だけだと思いました。

 

 結局これらの異変?は、実際の選挙には何の影響もなく「民主党の大勝利」ついに「政権交代」となりました。

 

 小渕元総理が総理官邸で急死してから、森嘉郎氏、小泉純一郎氏と移り、「郵政マジック?選挙」大勝利、小泉第2次内閣、その後国民の審査を受けずに、安倍晋三氏、福田康夫氏、麻生太郎氏へと1年おきに自民党内でバトンタッチをしてあまりにも国民不在の政治をしてきたため、多くの国民の「うっぷん」「閉塞感」などに対し、「民主主義(1票)」を行使したのではないでしょうか。

 

 「民主党」のマニフェストにもいろんな問題点は感じますが、野党だったのですから『国家中枢』には踏み込めなかったので無理はありません。今度は「民主党」が試されるのです。戦後64年目にしてやっと「民主主義」になったような気がします。

 

 今日は31日で、私は明日9月1日満59歳、

歴史的な翌日に誕生日を迎えることになりました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2009.8.30総選挙。 政権交代『民主党大勝利』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://haraga-r.com/mt/mt-tb.cgi/42

コメントする

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31