潮干狩りに行きました。(4月26日、日曜日)

 20年ぐらい潮干狩りに行くことはなかったのですが、もう約30年近くのお付き合いをしている「ナイトサロン・エポック」さん(熊本市内のスナック)からお誘いがあって、楽しみで出かけました。

 場所は有明海の熊本新港のすぐ近くで、船で少し沖まで行き、引き潮でどんどん潮が引き、海の中洲が現れてきて船は底どまりします。そこで潮干狩りをするのです。

潮干狩り.jpg

 この絵は、私が幼い頃玉名郡の海岸で潮干狩りをした頃のイメージです。とにかく有明海はずっと遠浅で海の幸の宝庫なのです。

潮干狩り2.jpg 潮干狩り、真知子.jpg 潮干狩り、真知子、.jpg

私達夫婦は、とにかく「狩猟」となるとついつい必死になってしまいます。おそらく?1番多くとったような気がします。

 約2時間足らずの引き潮(陸が出ている時間)なのですが、10キロ近く取ってしまいました。

ところが今年(その日)は(今だかってなかったとの事)とても寒くて、例年は子供たちは泳ぐほどだったとの事。

 そんな寒い船内で(潮が引くまでと、帰るときは潮が満ちてくるまで)子供たちは、妻の真知子が持参した「UFOキャッチャー」をして遊びました。

UFOキャッチャー.jpg 潮干狩り隆、小西.jpg

右の写真は、私(下)とエポックのマスター小西さんです。

私達夫婦はエポック(スナック)で結婚式を挙げたのです。クリエイト・ノアは今年で創業32年。エポックさんは30年です。私とエポックさんのお付き合い(開店からロゴマークから時折のDMなどの印刷など)も30年になります。

あるテレビ番組で言っていましたが、創業30年間(創業以来の体制で)続いている企業は8%との事です。

小西さんのこのような顧客とのふれあいが長寿の秘訣なのでしょう。そして、なんとなく(?)今の不況感がありますが、このように私に息抜きをさせてもらえることが実にまた頑張っていくカンフル剤になりました。

  アサリ貝.jpg

ところで、約10キロも採って帰ったアサリや赤貝はというと、その日の夜から「バター焼」、「酒蒸し」と酒のつまみになり、朝は「味噌汁」とアサリ三昧です。

とにかく私は山村育ちですので海の幸はまるで「宝物」のように大好きなのです。

アサリさんには気の毒なのですが、とても栄養があるのでもくもく食べました。

「エポック」さんはもちろんのことですが、実はその船主の方はすぐ近くのいわゆる「半農半漁」の方で、妻は「金柑」や「なす」まで頂き、感激で、感謝感謝の一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 潮干狩りに行きました。(4月26日、日曜日)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://haraga-r.com/mt/mt-tb.cgi/28

コメントする

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31