原賀 隆一(はらが りゅういち)
◆デザインオフィス「クリエイトノア」代表
1950年(昭和25年)生まれ。熊本県玉名郡三加和村(現・和水町)

1991年(平成3年) 「ふるさと子供グラフティ」を自費出版。
発刊直後、KKT(熊本県民テレビ)、NHK(熊本局)、NHKラジオで紹介される。熊本日日新聞、西日本新聞、読売新聞の書籍コーナー、めぐみ新聞(東京都)等、各種マスコミで紹介され、全国の小中学校、保育園、社会福祉法人、老人施設などからも注文が多数入る。
1992年(平成4年) 同書、熊本日日新聞社「第13回出版文化賞」受賞。
小学館「サライ」の表紙を描く。また、本文にて紹介される。
日本テレビ「ズームイン朝」に、熊本市から生出演。日本全国に紹介される。
大阪読売テレビ、関西テレビに出演。読売新聞全国版、新潟日報読者サービス誌に掲載。
1993年(平成5年) 第2作となる「ふるさと子供ウィズダム」を発刊。
1996年(平成8年) IPA(国際子供の遊ぶ権利の会(ユニセフの外郭団体))の要望と協力によって、「ふるさと子供グラフティ英語版」を発刊。フィンランドでのIPA国際会議でデビュー。

本業のデザイン・印刷の合間をぬって全国各地へ夫婦で野外活動、昔遊び指導、講演をする。
テレビ出演(日本テレビ『冒険チアーズ』、長崎県民テレビ、熊本県内各局)
北九州博覧会で「原賀隆一コーナー(ブース)」にて参加、著書3点が「タイムカプセル」に入る。

2001年(平成16年) 第3作「ふるさと子供・遊びの学校」発刊。
「竹笛で遊ぼう」発刊。
和の学校での活動をはじめ、全国各地へ夫婦で野外活動、昔遊び指導、講演をする。
熊本日日新聞社の読者サービス月刊誌「まいらいふ」「遊びの絵日記」6年間連載する。また、同紙夕刊の連続小説挿し絵「十五少年漂流記」、「山ばとクル」を制作。
2009年(平成21年) 「ふるさと子供グラフティ【新装版】」を発刊。
2010年(平成22年) 「ふるさと子供グラフティ【新装版】」が『第13回日本自費出版文化賞 地域部門賞』を受賞。