自分の誕生日は、母の受難の日。感謝しなければ...

今日は妻の誕生日。

 

私が1日で妻が10日ですので、この10日間は色んな人から「おめでとう」とか贈り物を戴いたりしますが、60歳(還暦)ともなると、何か複雑な気持ちです。

 

織田信長が愛唱していた『敦盛』の「人生五十年、下天の内を比べれば夢幻の如く成りにけり...」とあるように、六十歳ともなればもう人生のほぼ最終点に近づいています。が、まだまだ「人生は遊び心」で楽しんでいます。

 

本業では今、福岡県・八女市の観光イラストマップを制作中で、

遊び関係では

914日は山鹿市ロータリークラブで卓話、

915日は福岡県大木町で「遊び指導」(夫婦で)

1023.24日はKABテレビで遊び指導(予定)

 

 その間にも、各種の仕事(本業)を数種制作中です。要するに60歳になっても毎日結構多忙なのです。そして仕事を受けた以上何かあったら迷惑を掛けるので簡単に死ぬわけいかず、適度に節制・用心しなければならないのでそれが良い緊張感と健康法なのかも知れません。

 

 皆様も、「社会」(周り)から次々に何かを「依頼」されるような生活をすると、もしかして長生きできるかも知れません。いや、還暦ごときで長生きの秘訣もないですよね。ただ、私達夫婦は毎日が「朝起きたときが誕生、夜寝るときが往生」という毎日を過ごして、毎日全力で生きるのが楽しい人生だと思っています。

 

 ところで誕生日と言えば、もう故人となられた「薬師寺」の管長・高田好胤先生は、「自分の誕生日は母の受難の日、苦しみあなたを生んだ日なのだから母に感謝する日」といわれていました。

そう思うと、自分の誕生日には改めて母に感謝したいものです。

 

以前当店のスタッフだった中谷さんからの花束(1)が贈ってきました。しかし、当店は二人しかいないのでお互いに写真を撮り合ってあとで合成したものです。

 

 

中谷花、合成1.jpgまた、いつも自然が「健康」を創っていることを広げようと頑張っている「自然食品」などを頒布している野仲さんが花束(2)を贈ってくれました。

 

還暦花.jpgのサムネール画像

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自分の誕生日は、母の受難の日。感謝しなければ...

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://haraga-r.com/mt/mt-tb.cgi/109

コメントする

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31