2010年7月アーカイブ

 熊本県山鹿市平山の「平小城ふれあい広場」(旧JA鹿本平小城支所)=

平山温泉観光協会事務局 tel 0968-44-0522 で、

「原賀隆一ワーク展」が7月31日迄開催されています。これは、平山温泉がある地域の「平小城活性化協議会」と「平山温泉観光協会」が企画されたものです。 

「ワーク展」ですので、昔遊びの世界の他に、普段のいろんなグラフィックの仕事をしている作品など、特に山鹿市観光関係のイラスト(「やまがさろきイラストマップ」、「豊前街道・小路20景」など)を主に展示しています。「夏目漱石・草枕シリーズの原画」も展示しています。

また、当店では自費出版本や同人誌、地域文集などの書籍や冊子の仕事も多く、その中に使った「挿絵」の原画、また熊本日日新聞の連続小説の挿絵百数十点の原画なども展示しています。

そして、同時に「ふるさと子供シリーズ」の書籍、色紙絵、山鹿絵葉書なども販売中です。

夫婦で展示会場を訪問しました。

 

平山、ワーク展.jpg会場には、高校のときから色々お世話になっている観光協会事務局長の石井先輩が訪れるお客様や電話に親切丁寧に案内をしておられます。

■平山温泉は泉質が九州屈指の優良泉質として高い評価をされ県内外からのお客様が多く訪れています。

 

これは、私が作った「温泉の入り方エチケット」ポスターです。

最近マナーが悪いとのことで、依頼されたものです。

 「遊んで学んで楽しさいっぱいの博物館」企画展が、7月16日から(9月5日迄)山鹿市立博物館で始まり、2階では、原賀隆一「昭和の遊びと暮らしイラスト展」を同時開催中。年配の方たちは懐かしそうに見ながら「こんなにして手伝いをした、遊び道具も自分たちでいっぱい作った。昔がよかねー」と話に花が咲いていました。主人が育った家も約40分の1縮尺位で自分で作り(グラフティ新装版の後ろに写真)展示中です。

 今日のブログは、「文芸かわち」や静岡県園様の自費出版本の制作で、主人が多用を極め、原賀真知子が書きました。

 

博物館展示.jpg

 

博物館展示1.jpg 7月18日(日)私達夫婦は、来館の子供や保護者の方たちに遊びを教えに行きました。

博物館前の木漏れ日が射す木立にブルーシートを敷き、セミや夏ウグイスの声を耳に、通り抜ける風とオゾン一杯の中、外気30度以上という暑さも感じず1時30分開会。大森課長補佐の司会で岩井館長のご挨拶、私達の紹介があり、主人は遊びの大切さや肺を強くしようなどの話をしました。

チラシに書いていたので子供達が沢山来ていました。小さい子でも危なくなく作って楽しく遊べるのを選びました。細長い厚紙と曲がるストローを使って、紙トンボと笛です。はさみとホッチキスがあれば簡単にできます。切り株の上に乗って飛ばしたり、紙にしては思ったより良く飛ぶので、大人のお父さんお母さん達も夢中になります。

今までいろんな所で教えていて、今日はびっくりした事がありました。ストローの笛を3~4歳の男の子が2本両端の口にくわえ、ビービーと吹けるようになったのです。大人でも1本で音を出せるようになるのは大変なのです。2本で吹けた人は今まで誰もいません。その子は紙トンボも、もみじの様な手で高く遠くに飛ばすことも出来ました。「君は天才だね。きっとステキな大人になるよ」とほめました。たぶん説明するのを、一所懸命聞く集中力が身に付いているので、何でもよくできるのでしょう。

博物館遊び2.jpg

博物館遊び1.jpg

次の遊びは「クリップUFOキャッチャー」。41コのカラークリップをつなぎ、輪ゴム1本で吊り下げて作ります。出来たら回転させながらアメをつかみ上げます。アメが取れた人は食べられます。作りながら色々な工夫をするので、前頭前野が働き、手先も器用になり、遠心力も勉強でき、おまけにアメも食べられるという一石四鳥の楽しい遊びです。

みんなで最後に作ったのは「割りばし銃」です。割りばし2膳と輪ゴム7本位を用意し、はさみを使います。輪ゴムを巻くのが5ヶ所あるのですが、みんなそれが苦手のようです。完成したら玉になる厚紙を四角に切り、当てる的の紙に10点、30点、50点、100点などと書いて並べ、玉を当てて倒し得点を競い合います。男の子が大好きな遊びのようです。

全員には教えられなかったのですが、主人が一部の大人の方に、「肥後の守」(小刀)を使って女竹で2~3種類の竹笛を教えました。学童保育や園の先生方が、持ち帰って今日の遊びを教えようとニコニコしていらしゃいました。子供達からも「今日はありがとうございました」と、きちんとお礼の挨拶がかえってきました。

2時間余り、一所懸命作り、遊びました。自然の中で笛を吹き肺に新鮮な酸素を取り込んだので、脳も活性化し、紙トンボや割りばし銃を飛ばし駆け回ったので、体も丈夫になりました。さあ、次回は何で遊ぼうかな。8月15日(日)午後1時30分からです。遊びの好きな人この指と~まれ。

 

 

 

熊本県山鹿市立博物館で、「遊んで学んで楽しさいっぱいの博物館」という企画で、夏休みいっぱい「昔遊びと暮らし」のフェアが開催されます。

(同時に、今、山鹿市平小城活性協議会にても「原賀隆一ワーク展」開催中)

実は数年前、同博物館で個展的な企画を依頼をされ、私の絵を中心に飾って同じような催しをされたのですが、その時(小泉純一郎首相時代)開催中、参観者の「芳名帳」に「小泉純一郎」と書いてあったのです。(確か同じころ小泉氏の実父の出身地鹿児島に行ったとの報道があり、その帰りに寄ったのか?)

実際本人がやってきたのか判明できませんが、そのときもいろんな方が「このような昔の遊びを子供たちに残さなければならない」というご意見書き込みがたくさんありました。現代、日本がどんどんおかしくなってきているのは、実は「遊び」をしなくなった世代が増えてきたからではないだろうかとの意見をよく聞きます。「遊び」こそ「創意」「工夫」「知恵」にあふれるものだということをわかって欲しいのが私の夢なのです。

私たち夫婦は、何度か遊び指導に行きます。また私がお知り合いになった「万華鏡の斉藤豊明氏」や「けん玉の木下末満氏」も私の紹介で、快くご参加していただき、おもしろいフェアになると思っています。

8月15日、16日は日本3大祭りとも言われている「山鹿灯篭祭」です。その15日私たちも遊びに行きます。16日はけん玉の木下さんです。

あと、毎日何かいろんなイベントが行われる予定です。

日本でもトップクラスの「古墳」があり、自然いっぱいに囲まれた山鹿市菊池川流域にある「山鹿市立博物館」で今年の夏休みを楽しんだ子供は大きく将来羽ばたくでしょう。

やはり「子供時代の遊び」は人間にとって絶対必要な「条件」だと確信しています。

博物館オモテ.jpg

博物館ウラ.jpg

■近年「地球環境」問題がいろいろ叫ばれていますが、「地球」と言うより、「日本」が一番過敏のようです。それが証拠にアメリカは「京都議定書」にも批准しません。また、ロシア、中国、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど世界各国では(衛星放送などで、見ている限り)日本のように保育園児からお年寄りまで次々に出てくるいろんな問題(警告)に対して大騒ぎ?している様子でもなさそうです。

 

◆何か日本だけ?が次々とまるで誰かに?「脅迫」されているかのように、この四半世紀だけでも、世界で真っ先?に報道されます。次ぎに思い出す分の「問題」から生じる「結果予測?」などの報道です。(多少数字など記憶違いもあるかと思いますが、大体の「警告?」として出されたものです。)

 

■「地震列島」「マントル流動説」「活断層」...数年間を周期として必ず地震が起きる。日本列島のどこで、いつ起きても不思議ではない。首都圏で起きたら日本経済が崩壊するほどの被害。

■「公害列島」「光化学スモッグ」...水俣病、イタイイタイ病、川崎ぜん息など、日本列島はどこも工業汚染。

■「米ソ冷戦」、「核実験」、「核戦争」、「ソ連(当時)、中国が核保有」...日本は数発で消滅する。

■「原子力発電、放射能もれ」...「発ガン」、「白血病」。「チェルノブイリからの地球汚染」

■「予防接種」「ワクチン」「三種混合」...小児マヒ、死亡、障害児発生。

■「農薬」、「水産(養殖)農薬」...米、野菜、果物、魚、などの「残留農薬」によって「発ガン率増大」

■「食糧自給率四十%」〜「食糧輸入増大」...「輸入農産物ポスト・ハーベスト(収穫後農薬)」「遺伝子組み替え野菜」、「中国野菜残留農薬」...各種病気、ガンが増加する。

■「紫外線(オゾンホール)」...皮膚ガンの危険性。...UV製品、帽子など販売される。屋外遊び、海水浴などの危険性。動植物に悪影響を与える。

■「環境ホルモン」...「カップ麺」などの発泡スチロールやプラスチックの容器などから発生する。ベビー用品が危険。異常な「ワニ」などが見つかった。

■「食品添加物」◆「防腐剤」◆「殺菌剤」◆「水道水」からも「発ガン物質」...「水」が販売される。

■「シック・ハウス」...新建材などによる家全体が病気の原因となる。

 

■「抗ガン剤」副作用

■「エイズ」...エイズ患者はねずみ算式に数年間で百万人にも増える。

 

◆「血液製剤」◆「C型肝炎、院内感染」...全国で数十万人が感染か?

■「ダイオキシン問題」...「全国の焼却炉」、「焚き火」からも発生する。...野菜、果物、お茶なども。...全国小中学校までから「焼却炉」撤去。

 

■「O157」...岡山、関西地区の小学生中心に死亡者続出。数年前の横浜の園児死亡まで遡ってO157と発表。全国の保育園、幼稚園、小・中学校でサンプル保存用冷蔵庫設置。

 

■「少子・高齢化」で日本人口は減少。年金が危ない。

■「携帯電話などの電磁波」...脳障害の危険性。...テレビ、電子レンジ、電磁調理器などからも発生するとのこと。「電波塔建設反対運動」

 

■「生活習慣病」...成人病が未成年にも多発し始めたことで呼称が変わった。

 

◆「食の欧米化」による発生率増加。「コレステロール」、「砂糖」、「たばこ」、「高脂肪」、「塩分」、「ファーストフード」などの原因。

■「カルシウム」「鉄分」「亜鉛」不足。

■「ピロリ菌」...日本人の十人に一人が持っている可能性あり。「胃潰瘍」「胃ガン」の原因ともなる?

 

■「狂牛病」...ヨーロッパで初めて?発生(連日よろける牛の同じ映像が流れる)。「日本・大阪で人間初の「ヤコブ病発生」=「イギリス旅行帰り」。...全国に患者が出る可能性がある。...「国内産牛肉から続々発見」...「アメリカではいっさい肉骨粉を飼料にしていないので一頭もいない」と全国紙で一面広告。直後「米牛肉からプリオン発見」...「輸入停止」...「輸入再開」...「検査済みのはずが危険部位が混入」...「輸入停止」...「再開?」

◆レトルト食品にも「牛肉エキス」が入っているので危険。■「脳隔膜」(ドイツの製薬会社製)副作用「ヤコブ病訴訟」...年間五万人が手術。

 

■「国際的テロ」、「911事件」、「炭素菌」、「サリンガス」、「生物兵器」。■「肺結核」がまた増加中。

■「サーズ」...日本へ入って来たら大量に死者が出る?

 

■「アスベスト」(石綿)問題。...髪の毛の数百分の一ほどの石綿一本吸い込んでも「肺気腫」になる?とのこと。潜伏期間は数十年?

 

■しかし日本は長寿世界一。■そして「ガン」も世界一。

 

■「北朝鮮核実験」...放射能が日本全土に広がる?

「鳥インフルエンザ」(養鶏場で数万羽生き埋め)「渡り鳥が媒介」〜「変異H1N5型インフルエンザ」...人間に変異した場合、都市部では一週間で約四十万人が感染。予防・治療?に「タミフル」...異常行動。死亡者多数(五十七人)。

■中国で「狂犬病」多発。■「メタボリック症候群」■年金データ消滅。■「はしか」で大学が次々休講。■マグロが食べられなくなる?■中国の魚需要増大。■ロシアが「カニ」輸出停止。■ウナギが食べられなくなる?

■「ゴミ問題、リサイクル、省エネ」、「CO2」排出削減、「地球温暖化」...北極の氷が溶けて海水面があがる。

■植物性燃料「エタノール」生産のためトウモロコシなどの穀物が高騰。食糧危機。

■「異常気象」...旱魃、水害。■中国から工業排気ガスで?「光化学スモッグ」。と、

よくもまあ、次々と「日本人の存亡」にかかわるような感じの「報道(情報)」が流れて(発生して)きます。

◆その度に、発信元は「対策」は全く提示しないので、大衆は「どうしよう、どうしよう」と、慌てふためいたり、「ワラ?」にもすがるように何かの「製品」を買ったり、買い占めたりする人が多いようです。

●でも一つ一つ冷静に「分析」?していくと、かなりたくさん、いやほとんど?何かつじつまが合わないのです。

というよりなんだか「うそ」が結構多いのです。

なぜ日本のマスコミはそのような「うそ」を言うのでしょうか。いや、政府発表なのでしょうか。

2010年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31